「モノ+(プラス)」プロジェクト

Top> 地域づくり> 「モノ+(プラス)」プロジェクト

「モノ+」プロジェクトは、当地の強みである「産業(=主にモノづくり)」に様々な価値を「+(プラス)」し、「産業のちから」の『楽しさ』『凄さ』『可能性』を発信する取り組み(2020年までに下記5つのプロジェクトを展開予定)

「モノ+シリ」プロジェクト(プレミアム産業観光)

「産業のちから」を現場で体感できる産業観光ツアーを造成するプロジェクト

「モノ+スゴ」プロジェクト(街なか先端技術ショーケース)

「産業のちから」が生み出す最先端技術を観光資源と結び付けてまちなかに展開するプロジェクト

【取り組み状況(平成28年)】 「モノ+スゴ」プロジェクト in 明治村

「モノ+フェス」プロジェクト(東京五輪に関連させた技術展)

当地域の「産業のちから」の源流と進化を体感できる展示会を開催するプロジェクト(2020年頃)

「モノ+ガタリ」プロジェクト(子ども達への「匠の技」伝承)

「産業のちから」の「楽しさ」や「可能性」について、次世代を担う子ども達に伝えるプロジェクト

【取り組み状況(平成28年)】

出前授業編

(日程)

  • 6/11 東海市立富木島小学校
  • 6/21 名古屋市立緑小学校
  • 6/22 設楽町立津具小学校
  • 6/23 蒲郡市立竹島小学校・半田市立半田中学校
  • 6/24 みよし市立三好丘小学校
  • 7/11 美浜町立上野間小学校
  • 7/12 瀬戸市立品野台小学校
  • 7/13 蒲郡市立中央小学校
  • 7/15 豊田市立小渡小学校

(内容)
技能五輪メダリスト(自動車板金)による語り+実演+マイスプーン製作体験


企業訪問編

「モノ+ゴコロ」プロジェクト(障がい者スポーツ支援)

障がい者アスリート支援により「こころのバリアフリー」を実現するプロジェクト


名古屋商工会議所の入会案内