名商イベントカレンダー

Top> イベントカレンダー> 講座3◇社会保険実務「入門」講座
社員研修若手・新入社員中堅社員管理者・リーダー経営者・経営幹部総務・人事・労務会員優待

講座3◇社会保険実務「入門」講座

これだけは知っておきたい 実務習得コース!

2016年からマイナンバー(個人番号)制度により、届出用紙が変わりました。社会保険は複雑でわかりにくいものです。制度のしくみを理解し、社会保険事務を正確に処理しておくことがきわめて大切です。日頃から正しい処理をしておかないと、万が一の災害を被って、救いの手をさしのべて欲しいときに、何の役にも立たないことがあります。本セミナーでは、労災、雇用、健康、厚生年金各保険について事務手続、保険料の計算、納付の手続きなど、実際の届出用紙を用いたケーススタディを交えてわかりやすく解説いたします。社会保険の担当者はもちろん、担当者を指導される管理者の方にも最適です。


日程

6/12(火) 10:00〜16:30

※昼食のご用意はございません。(昼休憩11:45〜12:45予定)
※会場へは公共交通機関をご利用の上お越しください。

会場

名古屋商工会議所5階 会議室D


★web申込ができるようになりました!★
複数講座まとめてお申込ができます。

web申込はこちらから!

内容・スケジュール

持ち物:電卓をご持参下さい。


《1》. 社会保険と労働保険のしくみ
 1. 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険のしくみ
 2. 定例事務の年間スケジュールと年齢別に必要となる手続き

《2》. 従業員を採用したとき、退職したとき
 1. 社会保険・労働保険に加入する人、しない人
 2. 社会保険・労働保険の加入の手続き
 3. 退職後も給付が受けられる場合

《3》. 従業員や会社に異動・変更があったとき
 1. 被扶養者の増減や氏名、住所が変わったとき
 2. 転籍や出向をしたとき

《4》. 従業員が病気やケガ、死亡したとき
 1. 仕事中(業務上)や業務外でケガや休業をしたとき
 2. 従業員や扶養家族が死亡したとき

《5》. 従業員が出産・育児、介護をするとき
 1. 従業員や扶養家族が出産したとき
 2. 産前産後休業、育児休業中の保険料免除
 3. 産前産後休業、育児休業終了時に標準報酬月額の見直しをするとき

《6》. 従業員が60歳以上になったとき
 1. 60歳以降に賃金が下がったとき
 2. 在職中の老齢厚生年金とは(在職老齢年金)

《7》. 保険料の決定と徴収(控除)・納付をするとき
 1. 毎年7月の標準報酬月額の見直し(定時決定)
 2. 給与を改定したときの標準報酬月額の見直し(随時改定)
 3. 労働保険料の申告と納付(年度更新) 

《8》. マイナンバーについて
 1. マイナンバーが必要な手続き
 2. マイナンバー取得の際の本人確認方法

詳細情報

対象者

初めて社会保険事務を担当される方、
知識の再点検をしておきたい方、及び指導者の方

受講料

会 員 (1名につき) 14,400円(税込)
非会員 (1名につき) 28,800円(税込)

定員

60名
※この機会にご入会されると、当講座の受講料から半額適用いたします。

申込先

◇申込方法◇
(1)FAX申込
 下記申込書に必要事項を記載しFAXにてお申込ください。
 FAX:052−231−6760
(2)WEB申込
 下記URLよりweb申込ができます。複数講座まとめてお申込いただけます。
 https://answer.cci.nagoya/shien/?code=8971f041

お申込方法・お申込用紙はコチラ (PDF形式 :156KB)

講師Beyond社会保険労務士法人 代表社員
人事コンサルタント・社会保険労務士 山崎 智子 氏
講師プロフィール大手電器メーカー、外食産業などで社員数が数名から700名を超える会社まで幅広い人事労務業務を行う。現在、社会保険、労働保険、給与計算および年末調整等の実務を中心に、労務相談、就業規則の作成・整備、年金手続き、新入社員の実務指導、社会保険および労働保険のセミナー講師を手掛ける。
企業経営者、人事担当者が抱える労使トラブルやリスクヘッジ対応のアドバイスも行い、長年の実務経験と数多くのクライアントを担当し、様々な諸手続きに精通している。
関連リンク

セミナー年間スケジュールはこちら

問合せ先

名古屋商工会議所 人材支援担当 大西芹奈
TEL:052-223-5638 FAX:052-231-6760
メール:ohnishi@nagoya-cci.or.jp
    ☆会員さまは受講料が 半額 となります☆
★この機会にご入会をご検討の方はお気軽にお問合せください


名古屋商工会議所の入会案内