名古屋商工会議所のあゆみ

1881~1919 明治・大正の出来事

名古屋商工会議所のあゆみTOP >明治・大正の出来事

西暦元号名古屋と名商の歩み主な出来事歴代会頭
1881 明治14年

名古屋商法会議所創立

伊藤次郎左衞門(祐昌)初代会頭就任

伊藤銀行(旧東海銀行)設立

伊藤次郎左衞門(祐昌)

初代
伊藤次郎左衞門(祐昌)会頭

1882 明治15年

名古屋銀行設立(旧東海銀行の前身の1つで、現名古屋銀行とは無関係)

1885 明治18年

名古屋商工会議所に改組

名古屋紡績開業

山本新治郎第2代会頭就任

内閣制度制定

山本新治郎

第2代
山本新治郎会頭

1886 明治19年 名護屋停車場(現在の笹島)竣工
1887 明治20年

尾張紡績設立

名古屋株式取引所設立

時盛社設立

1888 明治21年

新愛知新聞(現中日新聞)創刊

鈴木善六第3代会頭就任

鈴木善六

第3代
鈴木善六会頭

1889 明治22年

名古屋市政施行

名古屋電灯(現中部電力)送電開始

東海道線全通

大日本帝国憲法
1890 明治23年

名古屋商業会議所に改組(商業会議所条例施行)

第1回帝国議会
1891 明治24年

濃尾大地震

堀部勝四郎第4代会頭就任
鈴木善六第5代会頭就任

堀部勝四郎

第4代
堀部勝四郎会頭

鈴木善六

第5代
鈴木善六会頭

1893 明治26年

愛知時計製造所(現愛知時計電機)設立

名古屋倉庫(現東陽倉庫)設立

奥田正香第6代会頭就任

奥田正香

第6代
奥田正香会頭

1894 明治27年

愛知馬車鉄道(現名古屋鉄道)設立

日清戦争(1894-95)
1896 明治29年

栄町に新所屋完成

御園座開場

日本車輌製造設立

愛知銀行設立

明治銀行設立

1898 明治31年

大隈麺機商会(現オークマ)設立

1900 明治33年

鈴木ヴァイオリン工場設立

1904 明治37年

日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテド)設立

日露戦争(1904-05)
1905 明治38年

名古屋高等工業学校(現名古屋工業大学)設立

三紡(名古屋紡、尾張紡、三重紡)合併

1906 明治39年

瀧定設立

名古屋瓦斯(現東邦ガス)設立

東海倉庫(現東陽倉庫)設立

名古屋新聞(現中日新聞)創刊

1907 明治40年

名古屋港開港

豊田式織機(現豊和工業)設立

1908 明治41年

安井ミシン商会(現ブラザー工業)設立

第八高等学校(現名古屋大学)設立

1909 明治42年

渡米実業団に本所から3名(神野金之助、上遠野富之助、伊藤守松)参加

1910 明治43年

第10回関西府県連合共進会開催

いとう呉服店(現松坂屋)栄町にデパート開店

愛知縣商品陳列館開館

愛知電気鉄道(現名古屋鉄道)設立

日韓併合
1911 明治44年 中央線全線開通
1912 明治45年 名古屋~北海道定期航路開設。入港祝賀会開催
1913 大正2年 鈴木摠兵衛第7代会頭就任

鈴木摠兵衛

第7代
鈴木摠兵衛会頭

1914 大正3年 第1次世界大戦(1914-18)
1916 大正5年

電気製鋼所(現大同特殊鋼)設立

1919 大正8年

日本碍子(現日本ガイシ)設立

1920 大正9年

三菱内燃機製造株式会社名古屋工場(旧三菱重工業名古屋航空機製作所)設立

1921 大正10年

所屋を栄町から大池町へ移築

上遠野富之助第8代会頭就任

上遠野富之助

第8代
上遠野富之助会頭

1923 大正12年 大池町に新所屋完成 関東大震災
1925 大正14年 名古屋放送局開局
1926 大正15年

東陽倉庫(名古屋倉庫と東海倉庫が合併)設立

豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)設立

名古屋商工会議所のあゆみのトップページへ

このページの先頭に戻る