名商安否確認システム

Top> 経営上の課題解決> 名商安否確認システム

名商安否確認システム実証実験 ※終了しました

南海トラフ巨大地震が危惧されている中で、BCPの策定は企業にとって急務です。本所では、会員企業の皆さまに企業防災の検討や、BCP策定を進めていただくキッカケとなるツールとして「名商安否確認システム」を構築、実証実験を行いました。
名古屋商工会議所では、今回の結果を踏まえ、今後も安否確認システムのサービス化に向けて、検討を重ねてまいります

名商安否確認システムとは?

本所会員企業の皆さま向けの安否確認システムです。大地震発生の際、社員の安否状況(怪我の有無、出社可否など)をタイムリーに把握することができます。安否確認の必要がない平常時においては、防災訓練などに利用することも可能です。

名商安否確認システムのポイント

  • 震度5強以上の地震が発生した場合、自動的に安否の回答を促すメールが配信されます
  • 集計された社員の安否状況はWeb上で自動集計され、パソコン・スマートフォンから閲覧が可能です
  • 簡単なパソコン操作で、お申込・登録作業が可能です
  • 各社で制定する防災マニュアルがシステムに掲示できます
    これを機会に、防災マニュアルの策定・見直しをしてみませんか?
  • 防災訓練として安否確認を発信することが可能です
    定期的な防災訓練で、防災意識を向上しましょう。

名商安否確認システムの実証実験について

参加資格

社員が60名以下の本所会員企業(各社で登録できる社員数を60名までとしております)

参加費

無料

実験期間

システム利用期間:平成25年3月〜平成26年9月

【お問合せ先】

名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ
TEL:052-223-8602 / FAX:052-232-5752
E-mail:anpi@nagoya-cci.or.jp


名古屋商工会議所の入会案内