会頭コメント

郵政民営化関連法案の否決について
(2005/8/8)

小泉内閣が改革の本丸と位置づけて進めてきた、郵政民営化関連法案が参議院本会議で否決されたことにより、衆議院の解散・総選挙という事態を招き、この大切な時期に政治空白ができてしまったことは誠に残念だ。

せっかくの景気回復の方向に水をさすようなことにならないか心配している。

国の内外に解決すべき大切な課題が山積している今、安定した政局運営を願ってやまない。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内