会頭コメント

「愛・地球博」閉幕について
(2005/9/25)

当地域が総力をあげて準備した「愛・地球博」が、大成功裡に閉幕を迎えたことは、豊田会長や神田知事をはじめ、博覧会協会や行政、経済界、市民団体等の関係者が一丸となって準備、運営した成果であり、この地域にとって誇るべき快挙だ。

関係者の皆様には大変お疲れ様でしたと申し上げるとともに、会場に足を運んでくださった2,200万人を超える大勢のお客様に感謝したい。

博覧会協会の副会長として、世界中から多くの来場者をお迎えする大役を務めさせていただいたことが非常に感慨深い。改めて出展国の皆様にお礼申し上げ、最後のお一人まで無事帰国の途に着かれることをお祈りしている。

「愛・地球博」のメインテーマである「自然の叡智」から受け取ったメッセージを、来場者一人がこれからの生活やビジネスに、どのように活かしていくかが本当に楽しみであり、会場の内外で実験的に行われた環境や交通システムをはじめとする最新技術やサービスなど、多くの試みがさらに発展して、人類の幸せに貢献していくことだろう。

また、「フレンドシップ事業」をはじめとするこの地域と世界との交流が今後も根づいていくことを期待している。

名古屋商工会議所では、二大プロジェクトの成功によって、交流の拠点として注目されている今、「世界都市」をめざす『ポスト「万博・空港」名商Successiveプラン』をはじめ、新たな名古屋の発展に向けて尽力していきたい。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内