会頭コメント

稲葉興作 日本商工会議所前会頭の訃報に接して
(2006/11/29)

突然の訃報に驚いています。

稲葉さんは、バブル崩壊後の景気停滞の時期、8年間にわたって日商会頭を務められ、不良債権処理問題や金融システム不安に端を発した金融機関の中小企業への貸し渋りが進む中で、全国の商工会議所のリーダーとして、中小企業向けのセーフティネット保証の実施や中小企業技術革新制度(日本版SBIR制度)の創設を国に強く働きかけられ、これを実現されました。

また、愛知万博の誘致・実現に向けて、日商の会頭ミッションや国内の移動常議員会において積極的にPRいただいたほか、万博開催を全国の商工会議所の総意として取り纏め、国家プロジェクトとして位置づけるよう政府に働きかけていただきました。

万博は稲葉さんのお力添えがあったからこそ実現できたものであり、その理念を受け継いだ事業が数多く生まれていることを喜んでいただいていることと思います。改めて感謝を申し上げたい気持ちでいっぱいです。

今は、心からご冥福をお祈り申し上げます。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内