会頭コメント

「平成19年度財務省予算原案」の内示について
(2006/12/20)

来年度の財務省予算原案は、成長力強化のための基幹技術の推進や、三大都市圏環状道路の整備、地域の活性化、中小企業の再チャレンジ支援などに重点が置かれる一方で、新規国債発行額については大幅に減額されるなど、総じて歳入・歳出のメリハリのきいた予算となっていることを評価したい。

政府においては、2011年度の基礎的財政収支の均衡という目標に向けた行財政改革に着実に取り組んでいただくとともに、健全で安心できる社会を実現する少子化対策や教育再生を推進されたい。

また、我が国経済の活力の維持を図るためには、景気回復の効果が地域や中小企業に浸透することが必要であり、今後とも景気に十分配慮した機動的な政策運営をお願いしたい。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内