会頭コメント

生物多様性条約締約国会議(COP10)の国内候補地決定について
(2007/1/16)

2010年の生物多様性条約締約国会議(COP10)の国内開催候補地が愛知県・名古屋市に決定されたことは洵に喜ばしく、関係の皆様のご尽力に対し、感謝申し上げたい。

当地域では、「愛・地球博」を契機に、「環境」が何ものにも替えがたい人類共有の財産であるという意識が高まっており、この会議を通じて、自然と共生するという万博の理念を継承した日本の姿を世界に発信することができれば、大変意義深いと考えている。

また、2010年は、「愛・地球博」5周年、「名古屋城開府」400周年であり、こうした節目の年に同会議が開催できれば、ポスト万博を模索するこの地域の国際化への大きな弾みとなり、「世界都市・名古屋」の実現につながるものと期待している。

今後は、政府をはじめ愛知県、名古屋市、さらに関係方面と一致協力して、日本での開催を実現したい。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内