会頭コメント

城山三郎氏の訃報に接して
(2007/3/22)

突然の訃報に驚いています。

城山さんは名古屋出身の作家として、さまざまな経済人の生き方を浮き彫りにする執筆活動に取り組んでこられました。

著作は枚挙に暇がないほどですが、なかでも『創意に生きる 中京財界史』は、名古屋経済の礎となった当地域の経済人の群像を描いた作品であり、明治・大正・昭和前期の名古屋商工会議所についての記述も多く、当時の経済人のスケールの大きな活躍ぶりを知る貴重な資料として、今も大きな輝きを放っていると思います。

いまはただご冥福をお祈り申し上げます。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内