会頭コメント

参議院議員選挙の結果について
(2007/7/29)

国民が初めて安倍政権に判断を下す重要な国政選挙であったが、民主党が大幅に議席を伸ばし、与党が参議院全議席の過半数を失うという厳しい審判が下された。

今回の結果は、年金記録不備や事務所費の問題など、国民の関心の高い課題に対して、政府・与党が充分な信頼を得られなかったことに原因があったのではないかと思う。

政府・与党におかれては、今回の結果を謙虚に受け止めて、国民の声にさらに真摯に耳を傾け、改革路線を堅持しつつ、実効ある施策を着実に推進していただきたい。

また、経済の面では、拡大基調にある景気が停滞することのないよう、成長を促すような経済政策や中小企業対策の推進に全力を尽くしていただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  箕浦 宗吉


名古屋商工会議所の入会案内