会頭コメント

租税特別措置法改正案の成立に関するコメント
(2008/4/30)

租税特別措置法改正案が、再可決により成立の運びとなったことについては、暫定税率の失効に伴う混乱の早期決着を図るため、やむを得ないと思っている。

物価上昇が続く中、ガソリン価格が再度上がることは消費者にとって好ましいことではないが、国や地方の発展という長期的な視点に立てば、財源を確保して、真に必要な道路整備を計画的に進めることが肝要である。

当地域を見ても、名古屋環状2号線など幹線道路網の整備はまだ途半ばにある。政府には、地域の活性化のため万全の措置を講じていただくとともに、将来を見据えた建設的な議論を期待している。

名古屋商工会議所
会頭  岡田 邦彦


名古屋商工会議所の入会案内