会頭コメント

衆議院の解散について
(2009/7/21)

今回の総選挙においては、各党とも「21世紀の日本はこうあるべきだ」という大きなビジョンを示し、真正面から政策を競い合っていただきたい。

国民や企業の関心の高い、社会保障制度、財政の健全化、地方分権、内外需一体となった経済成長の実現などの中長期的課題に対しては、それぞれ掲げられたビジョンの下で具体策を明らかにして、堂々と国民の審判を仰いでほしい。

当地域の景況は依然として大変厳しく、むしろこれからが正念場といえる。中小企業に元気がみなぎってこそ、地域は活性化する。政権政党として、景気や雇用についても、具体的かつ充実した施策を着実に実行していただくことを心から期待している。

名古屋商工会議所
会頭  岡田 邦彦


名古屋商工会議所の入会案内