会頭コメント

衆議院議員選挙の結果について(2009/8/30)

今後の日本の方向性が問われる重要な選挙であったが、民主党の圧勝という結果は、政権交代によって我が国社会を覆う閉塞感を打ち破り、新たな政党に舵取りを託したいという、国民の強い意思の表れであったと受け止めている。

重要課題が山積する中、政権政党に課せられた責任は極めて重い。新たに第一党となった民主党には、生活の安定と希望の持てる将来の実現に向け、全力で取り組み、国民の期待にしっかりと応えてもらいたい。

経済面では、景気はやや明るい兆しが見えつつあるものの、中小企業を取り巻く経営環境は依然大変厳しく、これからが正念場といえる。当面、景気回復を最優先として経済運営に当たっていただきたい。企業活動と環境、雇用を両立させつつ、日本経済の成長・発展に取り組んでいただくことを強く念願している。

名古屋商工会議所
会頭  岡田 邦彦


名古屋商工会議所の入会案内