会頭コメント

平成23年度政府予算案の決定について(2010/12/24)

「成長と雇用」を最大のテーマに、企業・産業の活力向上や新たな雇用創造を重視した内容となっており、新成長戦略の実現に向けた政府の姿勢が窺える予算案となった。

特に、中小企業の生産性向上や国際展開支援、資金繰り支援に関する施策の充実など、中小企業の活力強化に配慮した内容となっていることを歓迎する。

また、新規国債発行額が44兆円に抑えられるなど、財政運営戦略の目標が遵守されたことについては一定の評価がなし得るが、我が国財政の厳しさを考えれば、今後、財政健全化に向け一層の努力が必要であろう。

我が国経済は、世界経済の減速に伴う輸出の鈍化に加え、デフレ・円高の進行などから、依然として厳しい状況が続いており、中小企業や地域経済に深刻な影響が出ている。政府においては、本予算を早期に成立させ、切れ目なくスピード感を持って政策を実行いただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内