会頭コメント

内閣改造に関するコメント(2011/1/14)

新内閣においては、国の将来の姿や発展への道筋を示し、国民が閉塞感から脱し、未来に向かって明るい展望を持ちうるような政策運営を期待したい。

当面する最大の課題は、早期に日本経済を本格的な回復軌道に乗せるとともに、成長戦略を着実に推進することである。

中小企業は、このところの円高、受注の低迷などで深刻な影響を受けている。地域経済はもはや一刻の猶予も許されない状況にあることを強くご認識いただきたい。

また、世界の中で我が国が発展していくため、道路、港湾、空港の社会インフラの整備などを通じ国際競争力強化を図るとともに、国内環境を整備しつつ各国との経済連携を深め、市場の拡大を図っていくことが不可欠である。

これまで先送りされてきた財政健全化、社会保障制度改革などの重要課題についても、道筋をつけていただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内