会頭コメント

国土交通省「中央新幹線小委員会」答申に関するコメント(2011/5/12)

リニア中央新幹線の早期建設は当地域をはじめ沿線地域の悲願であり、このたびの答申は、我が国の鉄道技術の粋を集めた夢の国家プロジェクトが、いよいよ現実のものになるということで、大変喜ばしい。

今回の答申を受け、国土交通大臣による整備計画の決定となるが、2027年の東京―名古屋間の開業に向け、環境アセスメントなど所要の調査を速やかに実施し、遅滞なく着工していただきたい。また、中間駅の設置場所などについては、各自治体とも充分協議を重ねながら進めていただきたい。

名古屋商工会議所では、「リニア中央新幹線建設促進経済団体連合会」などの活動を中心として、地元行政や沿線の経済団体とともに、長年に亘り、リニア中央新幹線の早期実現に向けた活動を積極的に展開しており、今後とも、東京―大阪間全線開通に向け建設促進を支援していきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内