会頭コメント

国際バルク戦略港湾の選定についての会頭コメント(2011/5/31)

本所がかねてより要望してきた名古屋港が国際バルク戦略港湾に選定されたことは、誠に喜ばしい。

今後は、国、港湾管理者、バルク関連企業の方々には、計画書に沿った施策実現に向けて努力していただきたい。

世界的なものづくり産業を背後地に抱え、それを物流面から支える名古屋港は、バルクだけでなく、コンテナや完成自動車等を取扱う総合港湾であり、国際バルク港湾として港湾整備されれば、相乗効果が大いに期待できる。

今回の選定は、名古屋港の更なる発展の新たなスタートであり、今後もハード・ソフトの両面にわたり国際競争力を備えた利用しやすい港となるよう地元関係者が一丸となって取り組んでいただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内