会頭コメント

内閣不信任案の採決結果についてのコメント(2011/6/2)

我が国は、内政・外交の両面で緊急の課題を数多く抱えている。 震災対応や原発対応に一定のめどが付くまでということではあるが、引き続いて我が国の舵取りを担うこととなった菅政権においては、これまでの政権運営に対する批判も踏まえ、内外の信頼を得つつ、課題の解決に当たってほしい。

喫緊の課題は、東日本大震災への対応や原発対応である。 新しい地域社会の形成や中小企業の再生を目指し、復興基本法、第二次補正予算の早期成立に取り組むとともに、原発事故の早期収束を図るなど、復旧・復興に向け迅速な対応をお願いしたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内