会頭コメント

加藤隆一元会頭の訃報に接して(2011/10/7)

突然の訃報に大変驚いております。

加藤さんは、1990年3月から1993年12月まで、名古屋商工会議所会頭を務められました。

在任期間はバブル崩壊直後の不況期でしたが、加藤さんは名古屋地域の国際化に貢献する事業を積極的に推進されました。内外の金融機関のトップ2千名以上が出席した米州開発銀行(IDB)名古屋総会の成功に地元経済界代表として中心的な役割を果たされるとともに、名古屋ボストン美術館の設立などに尽力されました。

また、中小企業の民意を代表する商工会議所の組織基盤の強化には特に力を注がれました。3ヶ年にわたる会員増強運動を陣頭指揮し、名古屋商工会議所2万会員達成を実現され、不況に苦しむ当地域の商工業者の声を糾合し、国・県・市の政策に反映するための強固な基盤づくりに大きな功績を残されました。

最近はお姿をお見かけすることがなく心配しておりましたが、急なご逝去は本当に残念でなりません。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内