会頭コメント

平成24年度政府予算案の決定について(2011/12/24)

平成24年度の予算(案)は、日本再生に向け、震災復興に全力を尽くすとともに、経済成長と財政健全化の両立をめざすというメッセージを込めたものとなった。

震災復興関係では、被災地の経済社会の再生に全力を挙げるものとなっており、速やかに執行し、早期の復興につなげてほしい。

経済対策では、新産業創出、人材育成、地域活性化など、成長に繋がる投資を重点的に推進しようとしていることは評価できる。また、中小企業関連予算では、資金繰り支援や技術力強化に加え、中小企業の海外展開に対する支援策に厚みがつくなど、積極的な中小企業に対する支援策が盛り込まれたことは心強い。

厳しい財政状況を踏まえ、復興関係経費を除き、新規国債発行額や基礎的財政収支の対象経費を前年度並みに抑えたが、財政健全化にむけては、歳出の効率化、重点化などで、一層の努力と行動が強く望まれる。

今後、消費税の引き上げが検討されるが、景気や中小企業経営への影響を考慮し、タイミング等で慎重な対応を求めたい。同時に徹底的な行財政改革を実行すべきである。仮に引き上げを行う場合、免税点、簡易課税制度の堅持など、中小企業に対する負担軽減策が不可欠である。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内