会頭コメント

野田内閣の改造について(2012/1/13)

我が国は、政治の混迷などから、内外の課題に有効に対処できず、経済も苦境に陥るなど、閉塞感、停滞感がぬぐいきれない状況にある。

こうした中、今回の内閣改造は、社会保障と税の一体改革、行政改革の断行などの重要課題への体制を強化するものであり、これらの課題に不退転の決意で取り組もうとする総理の強い意思を感じる。

政策実現には、政権党の結束、与野党協議などハードルも少なくないが、新内閣においては、国内外の重要課題の解決に、粘り強く取り組み、閉塞感を打破していってほしい。

具体的には、国民が安心できる社会の実現と、我が国の成長戦略の推進に向け、邁進していただきたい。

また、我が国の活力の源泉である中小企業を取り巻く環境は依然厳しい。中小企業の支援策や地域経済の活性化を重視した政策運営を期待したい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内