会頭コメント

第2次野田改造内閣について(2012/6/4)

今回の改造は、国会の会期末が迫る中、なんとしても消費税関連法案をはじめ、重要法案の審議を進めたいという総理の強い意志の表れであると思う。

新内閣には、与野党協議を充分に重ね、社会保障と税の一体改革のみならず、電力の安定供給、TPP交渉参加など、山積する国内外の重要課題にスピーディかつ適切に対応し、重要政策を着実に進展させていただきたい。

国内経済に漸く明るい兆しが見え始めた矢先、欧米経済の先行き不安から再び円相場が急騰している。新内閣においては、経済運営面で機動的かつ万全な対応を期待したい。

また、わが国の活力の源泉である中小企業を取り巻く環境は依然として厳しいことから、中小企業の強化策を国家戦略の柱とするとともに、地域経済の活性化を重視していただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内