会頭コメント

大飯原発の再稼動について(2012/6/16)

関西電力管内では、今夏、電力需給のギャップにより、計画停電などによる企業活動への甚大な影響が懸念されていた。

「電力の供給不安」と火力発電への依存による「電力価格の上昇」は、生産面、コスト面、労働・雇用面など企業経営に深刻な影響をもたらし、我が国産業の国際競争力のさらなる低下と空洞化を一層加速させることにつながる。

地元(福井県やおおい町)の理解を得た上で、政府として大飯原発の再稼動を決めたことは、電力の「安定供給」と「価格上昇の抑制」を通じ、関西地域の民生や経済の安定確保に繋がるものと考える。

原子力規制庁の早期発足等を図り、安全防災対策に万全を期して欲しい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内