会頭コメント

消費税関連法案の衆議院通過について(2012/6/26)

民主、自民、公明の3党合意を経て、本日、消費税関連法案が衆議院で可決され、「決められない政治」から一歩前進したことは評価したい。

参議院においても粛々と審議が進められ、早期に成立することを期待したい。

しかし、国の将来を左右する重要法案の審議の過程で、与党内部の対立が先鋭化した。こうした対立に伴う混乱は、与党のみならずわが国の政治全体に対する期待を損なう結果となっている。

政治には、政策課題の解決に着実に取り組み、内外の信頼を回復させることを求めたい。

また、社会保障と税の一体改革とはいえ、社会保障改革の多くが棚上げされていることは誠に遺憾である。

積み残された社会保障の諸課題は、「社会保障制度改革国民会議」で議論されることとなるが、給付の重点化や効率化を徹底的に議論し、持続可能な社会保障制度を短期間の間に再構築していただきたい。

これまで、自らの「身を切る改革」が進んでいないことを肝に銘じ、改革の実現に向けて最善の努力をしていただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内