会頭コメント

社会保障と税の一体改革関連法案の成立について(2012/8/10)

社会保障と税の一体改革関連法案が本日参議院で可決成立した。課題解決に向けて一歩前進したことを評価したい。

しかし、3党合意により衆議院を通過した法案にもかかわらず、参議院では、解散をめぐる政争に時間を費やし、政治の混迷が更に深まったことは、誠に遺憾である。

また衆議院定数是正などの「身を切る改革」も進展していない。国民の納得や信頼を得るためには徹底的な行財政改革を実行すべきである。

社会保障制度改革にあたっては、給付の重点化や効率化を大胆に進め、将来世代に負担を先送りしない、持続可能な制度の構築をお願いしたい。

なお、消費税の引き上げは、中小企業の経営に大きな影響を与える。円滑な価格転嫁の実現に万全の対策を講じる必要がある。また、中小企業の振興策や実効ある経済成長戦略を強力に推進され、景気に万全を期していただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内