会頭コメント

「革新的エネルギー・環境戦略」について(2012/9/14)

政府の「革新的エネルギー・環境戦略」は、「原発ゼロ」を目指す一方で、国民や産業の負担増大や高水準の省エネ、再エネの実現可能性などの課題の解決策が明らかにされていない。

この戦略では、電力の安定供給が懸念されるばかりでなく、料金の上昇をもたらし、その結果、国際競争力の喪失、産業空洞化加速により、国力が低下することに強い危機感を覚える。ものづくりで我が国を牽引する当地域にも甚大な悪影響を及ぼす。

政府においては、まずは、安全性の確保された施設の順次再稼動を図り、短期的視点に立つのではなく、今後3-5年間の電力の安定供給と料金上昇の抑制の道筋を明確にしていただきたい。

また、将来に向け、国民生活を守り、経済の成長を支えるためには、実現可能性のあるエネルギー政策が不可欠である。省エネ・再エネの推進とともに、原子力発電を含む多様な電源構成の維持が必要であると考える。具体的な電源の比率を今決めることは不適当である。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内