会頭コメント

衆議院の解散について(2012/11/16)

内外に課題が山積する中、我が国の政治は混迷の中にあり「決められない政治」を続けてきた。

今回の解散・総選挙が閉塞状況から脱し、「決断し、実行する政治」に変る契機になることを期待したい。

私としては、日本経済を成長・発展させる政治、とりわけ中小企業の発展に真剣に取り組む政治を求めたい。

各政党には、前回の経緯にも鑑み、我が国の発展に向け綿密な検討を経た実現可能な政策を掲げ、国民の信を問うて欲しい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内