会頭コメント

平成25年度政府予算案の決定について(2013/1/29)

平成25年度の予算(案)は、先の緊急経済対策に基づく大型補正予算と連動させ、切れ目のない経済対策による景気の底割れ回避とデフレからの脱却及び成長力の強化をめざす政府の強い意思が窺える。

特に、中小企業・小規模事業者関連予算ではモノづくりや資金繰り、海外展開支援が拡充されるとともに、老朽化したインフラの再構築など真に必要とされる公共事業への重点化を歓迎する。

また、厳しい財政状況のなか、新規国債発行額を抑え、財政規律に一定の配慮がなされたことは評価できるが、社会保障費については増加しており、今後は給付の重点化や効率化を大胆に進め、将来世代に負担を先送りしない持続可能な制度改革の実施が急がれる。

政府におかれては、本予算を早期に成立させ、着実に執行いただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内