会頭コメント

政府の成長戦略と骨太の方針の決定について(2013/6/14)

安倍内閣はこれまで、矢継ぎ早に、デフレから脱却し日本経済を再生するためのメニューを打ち出してきた。

今回、閣議決定された「成長戦略」と「骨太の方針」は、これらの集大成として、強い日本経済を実現するための基本方針と戦略を明示するものであり、これを歓迎する。

成長戦略では、「中小企業・小規模事業者の革新」を取り上げ、名古屋商工会議所が力を入れている創業や海外展開の支援を打ち出されたことは心強い。中小・小規模企業は、日本経済の屋台骨を支える存在であり、その活力を最大限活用するような政策展開をお願いしたい。

加えて「国家戦略特区」の創設は、当地のモノづくりの強化や国際収支の改善に資する施策であり、大いに期待している。実現の暁には当地域の要望である「モノづくり産業強靭化スーパー特区」に十分な配慮をお願いしたい。

骨太の方針においては、持続可能な財政と社会保障の構築が不可欠として、財政健全化に向けた取り組みが明記された。名古屋商工会議所では、従来から財政健全化に向けて、社会保障制度の一層の重点化・効率化などを主張して来たが、こうした取り組みを更に強化し、財政の健全化を進めていただきたい。

今後は、今回取りまとめた方針や戦略を、スピード感を持って具体化し、実行に移す必要がある。
また、秋には法人税減税などを含む、成長戦略第二弾を取りまとめ、成長に向けた道筋をさらに明確にすることを期待している。

名古屋商工会議所
会頭  髙橋 治朗


名古屋商工会議所の入会案内