会頭コメント

エネルギー基本計画の閣議決定について(2014/4/11)

新たなエネルギー基本計画が閣議決定された。

エネルギー資源に恵まれていない我が国にとって、エネルギー政策は経済・社会の安定発展を左右する重要な政策である。

今回、決定された計画は、「安定供給」、「コスト」、「環境」、「安全性」などの観点を踏まえ、実現可能なエネルギー政策の方向性を示したものと評価したい。

原子力発電について、経済の好循環を実現するため、原子力規制委員会が安全と審査したものから「再稼動を認める」方針を示されたことは妥当であり、万全の取り組みを進めていただきたい。

政府においては、今後ともバランスの取れた検討を行い、責任あるエネルギー政策の推進に全力を尽くしていただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  岡谷 篤一


名古屋商工会議所の入会案内