会頭コメント

TPPにおける日米協議について(2014/4/25)

大筋合意を得られなかったことは残念であるが、日米間の重要な案件について、道筋を確認した努力に対し評価を与えたい。

TPPは、アジア太平洋地域の安定と成長のための新しい通商ルールの確立を目指すものであり、日米両国の役割は大きい。

引き続き協議を継続し、可能な限り早期の合意を目指してほしい。

その際、当事者には、国内的にセンシティブな分野を抱えるなかではあっても、大局に立つとともに柔軟性を持って協議に臨んでいただきたい。

名古屋商工会議所
会頭  岡谷 篤一


名古屋商工会議所の入会案内