アグリクロス<スマート農業>セミナー

セミナー・講演会

開催日
令和2年10月19日(月)13:30~16:00
会場
なごのキャンパス 1階「HOME ROOM」(名古屋市西区那古野2-14-1)

農業ビジネスへの参入機会を探る

近年、農業分野ではロボット技術や情報通信技術を駆使して、省力化や高品質生産を実現する次世代農業「スマート農業」の取り組みが進められており、様々な産業との協業が期待されています。本セミナーでは、行政、生産者、企業のそれぞれのお立場の方にご登壇いただき、農業ビジネスへの参入をテーマにご講演をいただきます。農業分野へご関心のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

↑ 前回アグリクロス展示会の様子

開催概要・スケジュール

日程

令和2年10月19日(月)13:30~16:00

会場

なごのキャンパス 1階「HOME ROOM」(名古屋市西区那古野2-14-1)

内容・スケジュール

① 東海地域におけるスマート農業の取組み紹介
  農林水産省 東海農政局 井村 幸弘 氏

② 農業生産者の立場から見る新たなニーズ
 「ネギの効率的生産と加工設備の精度向上への期待」
  アルファイノベーション株式会社 代表取締役 山田 浩太 氏

③ パネルディスカッション
 「モノづくり企業による農業ビジネスへの展開の可能性とは」
  農林水産省 東海農政局様
  アルファイノベーション株式会社様
  株式会社デンソー フードバリューチェーン事業推進部 池田晴彦 氏
  (ファシリテーター)株式会社アグリフードシステム研究所 代表 楠元 武久 氏
  
  
  

詳細情報

対象者農業ビジネスへの新規参入を検討している方、農業ビジネスの動向を知りたい方
参加費無料
定員会場定員 40名

オンライン定員 300名
アルファイノベーション株式会社京セラ㈱等の会社勤務を経て新規就農を始め、就労9年目で12haまで農場を拡大、主としてネギの生産を手掛ける。大手外食チェーン、食品加工会社約に年間を通じて販売している。障がい者雇用を推進しており、現在50名以上が働く。障がい者にとって働きやすい現場づくりに、新たなデバイスの開発を期待している。

公式ホームページはこちら
株式会社デンソーの取り組み自動車分野で培った技術を使い、農業分野の生産性向上および天候リスク低減の実現を目指し、ハウス内の環境を制御する製品を開発。㈱浅井農園との合併会社「AgriD」を設立し、大規模ハウスにおける次世代施設園芸モデルの開発、実証を進めている。

AgriD公式ホームページはこちら
申込方法こちらの申込サイトよりご登録ください。
※会場参加は定員に達したため受付を締め切りました
申込期間 2020年8月17日 ~ 2020年10月12日
申し込み受け付けは終了しました。
関連リンク アグリクロス公式ホームページ
問合せ先 名古屋商工会議所 商務交流部 ビジネスマッチングユニット(担当:小林・和田)
TEL:052-223-5709
E-mail:agri@nagoya-cci.or.jp

左右にフリックすると表がスライドします。

PAGE TOP